顧客化の仕組みづくりって??

「チラシ」「ポスティング」その他の広告を使用する際、
通常は「新規客」を確保する目的を持っている事でしょう。
(既存客へのフォロー、再来店のアプローチは別の手法をお勧めします)

しかし・・・「同一商圏」で、新規客の確保を行っていると、日・年を追うごとにその人数は減少します。
あなたの商圏に、よほど大きなマンションが建ち続けて、世帯の大増加が無い限り、
新規客は来店・購入した瞬間から『既存客』という呼び方になるからです。

例として50世帯(100名)の町があるとしましょう。
開店初年度に新規来店したお客さんは50名(50%)
2年目にいらした新規のお客さんは20名(のべ70名 70%)・・・
この時点で町の30%しか、『未来店客』しか居ないのです。

コレは極端な話ではありますが、こういう状況下に置いても気づかず
あらゆる広告媒体を駆使して『新規率を上げるんだ!』」と思っても、
既に商圏内の新規客候補が枯渇状態になってきてる場合も否めないのです。

『新規客』という呼び方は『一過性』のものなので、
前提として顧客化の仕組みが必要になってきます。

いくら新規客を招きいれても、顧客化が進まない店舗は
結果として『新規客』を追い続けなければならない状況になり・・・
しかし『同一商圏』には、先も話した実情があるため、
商いを続けたくともお客が居ない状態になってしまうからです。

新規客で来店されたお客さんが顧客化していくためには
「固定客」「既存客」に対してフォーカスした広告展開・顧客フォローが必要不可欠でもあるのです。


そこで、山梨・長野県のお客様はポスティング・チラシ配りなら格安のSPEEEED!!!(スピード)にお任せください!お見積り無料で、お客様に合ったプランを一緒に考え見つけていき実践していきます。また、アフターサービスとして、効果測定も行っていますのでぜひお知らせください。実際の数字にこだわっていきますのでご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です