チラシの出来って本当に関係するの?

チラシの出来とは

ポスティング・新聞折込みなどで反響を得るには『チラシの出来』が重要なのですが・・・
そもそもチラシにも色々な種類があるんですね。

一般的に『チラシ』としてイメージされてるスタイルに、『商品羅列型チラシ』があります。
スーパー、大手電器量販店、カー用品店などを代表とする『商品』+『値段』で表記し、アイテムを載せるだけ載せ・・・・目玉商品で集客するパターンですね。
しかしあなたに『そのスタイル』が適してるか?というと微妙なのです。

羅列するだけで伝わるモノ

いわゆる『商品羅列型チラシ』には前提となる定義があります。
それは『皆が商品を知ってる』もしくは『知ってもらう動きをしてるか??』という事です。

羅列型のチラシは、読み手が既に『商品を知っている』という前提があるからこそ、価格と商品名のみで成立するんです。
醤油、レタス、玉子、うなぎ、ブタ肉・・・・。こういう事ですね。

一方家電量販店、カー用品店などの場合は液晶TV、カーナビという言葉は知れど、
購入を検討してる人の場合は・・・『商品名』や『型番』などを認識してます。

で・・・彼らは必ず、『HP』『カタログ』『CM』などを目にしながら商品について知識を深め、『価格』で購入を検討するんです。
なので、事前にメーカーが販促活動を行っているので、
『販売店』は広告で商品説明をする必要がそれほど無いからこそ『商品』+『価格』で勝負という流れなのです。

あなたの場合

もしあなたの商品・サービスが
1.周知されてる商品・サービスではない
2.メーカーが独自に販促活動を行ってない

という場合、商品羅列型チラシにするのははっきり言って適してないのです。それは別のアプローチにならざるを得ないということです。

商品羅列型チラシは、読み手(買い手候補)が事前に商品(価格相場)を知る事で成立します。
なので事前に価値訴求が出来てないアイテムは、紙1枚だけで伝えきるのは正直難しいんです。

リフォーム屋さんのチラシでも、場所ごとに『1平米●●円~』的な表記をしながら
サービス+値段の羅列をしてるチラシを良く見ますが・・・・読み手が本当に知りたいことは、そこなのでしょうか???これはなんか違うような^^

特にサービスの場合などは、本来はサービスの説明がまずありき、
そして・・・・『誰がそれをしてくれるの??』という事が最も重要なんですよ。

最近は野菜だって『顔(生産者とかね)』を見せる時代に
・誰が生産してくれるの?
・何で作っているの?
・何が大事なの?
・誰が来るの? ・・・・・etc
5W2H』はとっても大事なのです。

そして、実は『商品羅列型チラシ』を作れるトコって本来は結構少ないのです。
次回に続きまーす!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です