チラシの出来って本当に関係するの?

チラシの出来とは

ポスティング・新聞折込みなどで反響を得るには『チラシの出来』が重要なのですが・・・
そもそもチラシにも色々な種類があるんですね。

一般的に『チラシ』としてイメージされてるスタイルに、『商品羅列型チラシ』があります。
スーパー、大手電器量販店、カー用品店などを代表とする『商品』+『値段』で表記し、アイテムを載せるだけ載せ・・・・目玉商品で集客するパターンですね。
しかしあなたに『そのスタイル』が適してるか?というと微妙なのです。

羅列するだけで伝わるモノ

いわゆる『商品羅列型チラシ』には前提となる定義があります。
それは『皆が商品を知ってる』もしくは『知ってもらう動きをしてるか??』という事です。

羅列型のチラシは、読み手が既に『商品を知っている』という前提があるからこそ、価格と商品名のみで成立するんです。
醤油、レタス、玉子、うなぎ、ブタ肉・・・・。こういう事ですね。

一方家電量販店、カー用品店などの場合は液晶TV、カーナビという言葉は知れど、
購入を検討してる人の場合は・・・『商品名』や『型番』などを認識してます。

で・・・彼らは必ず、『HP』『カタログ』『CM』などを目にしながら商品について知識を深め、『価格』で購入を検討するんです。
なので、事前にメーカーが販促活動を行っているので、
『販売店』は広告で商品説明をする必要がそれほど無いからこそ『商品』+『価格』で勝負という流れなのです。

あなたの場合

もしあなたの商品・サービスが
1.周知されてる商品・サービスではない
2.メーカーが独自に販促活動を行ってない

という場合、商品羅列型チラシにするのははっきり言って適してないのです。それは別のアプローチにならざるを得ないということです。

商品羅列型チラシは、読み手(買い手候補)が事前に商品(価格相場)を知る事で成立します。
なので事前に価値訴求が出来てないアイテムは、紙1枚だけで伝えきるのは正直難しいんです。

リフォーム屋さんのチラシでも、場所ごとに『1平米●●円~』的な表記をしながら
サービス+値段の羅列をしてるチラシを良く見ますが・・・・読み手が本当に知りたいことは、そこなのでしょうか???これはなんか違うような^^

特にサービスの場合などは、本来はサービスの説明がまずありき、
そして・・・・『誰がそれをしてくれるの??』という事が最も重要なんですよ。

最近は野菜だって『顔(生産者とかね)』を見せる時代に
・誰が生産してくれるの?
・何で作っているの?
・何が大事なの?
・誰が来るの? ・・・・・etc
5W2H』はとっても大事なのです。

そして、実は『商品羅列型チラシ』を作れるトコって本来は結構少ないのです。
次回に続きまーす!!!

集客の方法って?役立つ集客2選

集客するとは?

『集客』と聞くと、新規客の獲得という印象を持ちますが・・・
本来は『新規客を増やす』『既存客の来店回数を上げる(リピートを上げる)』の2種類があり、それらを分けて考える必要性があるんです。

また『来店するまで』『電話が掛かってくるまで』『資料請求が起こるまで』・・・が『広告ツール・媒体』の仕事であり、そこから先(購入、再来店への誘導、顧客化など)は、各々のやり方、魅力、コミニュケーション、関係を構築しようという働きによる部分が大きいでしょう。
(※ココにツールを使用する場合も多いです)

まず先に理解して欲しいのですが、新規客の獲得は難易度がとてつもなく高いです。
あなたのお店、商品を知らない人に知っていただき、理解していただき、共感していただき、興味を持っていただき、購入意欲を持っていただくのは・・・とても大変なコトなんですね。

だからこそ1度接触している、来店して購入されてる『既存客』に対して『再来店率を上げる』『再購入を促す』事は、どちらかと言えばハードルが低いのです。これも難しいのですが、、、

新規顧客と既存顧客をしっかりと分けて考えていくということが、販売においても大事になってきます!

集客はこのように、色々な見地で分類しながら視点を変えつつも、
最終的には『総客数を増やす』という目的を達成する事でもあるのです。

既存客の再来店を上げる→増客。
新規客を獲得する→増客。
客数が増えること・・・
これらを総じて集客なのですから。

ゆえに『新規客』『既存客』対するケア、フォローなどを含む『集客活動』は、とても肝要です。
顧客化の仕組み・流れがあるからこそ、新規客の獲得が出来るのです。

また集客は『数値的な目標値』を持ち、そこに向おうとしなければなりません。
何の為にやってるのか?が解らなくなるからです。
年間で計算し、必要とする絶対客数をクリアする事が集客活動における『目標』の一つでもあります。

次回以降に続きまーす!!

チラシポスティングのコツ35選!意外と簡単かも??ー第1回

ポスティングのコツは、どこに配布すれば効果的か?
どの位配布すれば効果あるのか?どんなデザインが効果あるのか?
などわからないことだらけなのが現状ですよね??

ここではポスティング初心者の方へ
35のポスティングを成功させるコツ「チラシポスティングノウハウ」をご紹介していきます。
是非参考にして効果をだして下さい!

早速今回は第一回目として、スタートしていきますよ!!

1.キャッチな見た目で反響UP!!!

チラシはぱっと見の印象がとても大切になってきます。お客様の気持ちをつかむ一言が新規顧客を獲得する第一歩になります。潜在顧客を発掘する事にもつながるのでとても大切ですよね。ではどのように作成していけばいいのかって思いますよね??

  1. まずは、チラシに載せたいことやそれに関係することを書いてみてください
  2. すべて出し終えたら、その中から一番大事だと感じたものを選んでください。
  3. もしくは、知り合いや家族に聞いてみて、印象に残るものを選んでください。
  4. 次にその語句を使って何種類か文章を作っていきます。
  5. さらにその文章を短くしましょう。要約したり、言葉を置き換えたり、極限まで余計なものを省いていきましょう。【省きすぎはだめですよ~】

 

もし詳しく知りたい方は、山梨県・長野県でのポスティング・チラシ配布なら格安のSPEEEED(スピード)にお問い合わせください!!